当院の特徴|千歳市の歯科リーフ歯科

千歳市の歯科リーフ歯科

完成予想図つきの綺麗な絵を使ってご説明

当院では「現在の歯の状態」から「保険治療」と「自費治療」のメリット・デメリット・費用などを完成予想図付きの分かりやすい絵を使ってご説明しています。治療費の事を考えると、そう簡単には治療方針を決められないものです。当院ではそういった患者様や患者様のご家族の不安を取り除くことも大切だと考えておりますので、治療の方法別で完成予想図を作成します。また、治療を施す歯1本1本に掛かる費用を計算した上で、最終的な総費用までお見積りをご提示いたします。

アソアライナーの特徴

アソアライナーは、ブラケットやワイヤーを使用しない透明なマウスピース型の矯正装置です。アソアライナーは、同じマウスピース矯正である、インビザラインと比べ費用が安くなっています。アソアライナーは透明なので治療中も目立つ事なく、食事の際に装置を取り外せるなど、大きなメリットがあります。理想的な歯並びになるように、少しずつ歯を移動させた状態のアソアライナーを毎回製作し、そのアソアライナーを装着することで歯を矯正していきます。歯の移動量をコンピュータで測定しながら製作しますので、正確かつ画期的な矯正装置といえます。

アソアライナーのメリット

従来の金属ワイヤーとブラケットでの矯正装置とは異なり、透明なマウスピース型なので、目立たず周囲から気づかれにくい装置となっています。ブラケットを装着する必要がないため、矯正後の後戻り治療にも最適です。
食事・歯磨きの際は、矯正装置を取り外すことが可能です。従来のワイヤー矯正では難しい歯磨きが、不自由なく行えるため、口腔内を清潔に保てます。ですが同時にデメリットもあります。
金属ワイヤーとブラケットのような装置自体の違和感が少なく、話しづらい・口内炎がよくできる等の不快症状がありません。
厚みが違う3種類のマウスピースを10日ごとに使用し、自分自身の噛む力で歯を動かすため、痛みが出にくい矯正装置です。ワイヤー矯正のような調整直後の強い痛みがないので、安心です。
アソアライナーは繰り返し型取りをして製作するため、矯正治療中でも虫歯治療が可能です。
ブラケットがないため、アソアライナーを使用しながらホワイトニングも可能です。

アソアライナーのデメリット

奥歯の噛み合わせに問題がない前歯部の歯列不正・後戻りの治療・スペースの閉鎖などが主な適応症です。抜歯が必要な場合や上下顎の不調和、複雑な歯のコントロールなどはアソアライナーでの治療が困難となります。
簡単に取り外せるのはメリットでもありますが、患者様が責任を持って決められた時間である、1日17時間以上装置を着け続けなければ治療は進むことがありません。
アソアライナーを作成する為に、ほぼ1ヶ月に1回、繰り返し歯型を取る必要があります。

当院では歯科用CTを導入しております。この歯科用CTは通常のスライス画像だけでなく、3D機能もあり、断層写真と立体的な撮影ができるので、インプラントだけではなく、根管治療や親知らずの抜歯など、幅広く歯科治療に応用する事が可能になり、より正確な診査・診断ができ、治療の安全性を高める事が可能になりました。窓口の負担は多少かかってしまいますが、患者様の安全や治療を確実に行うのに必要なものだと考えております。

また、この歯科用CTはX線被爆量を大幅に低減し、患者様への影響を最小限にするためのデジタルレントゲンです。歯科用CTの撮影は実行照射時間の短縮により他のCT機器と比べ放射線量が少なく、医科用CTと比べて10分の1以下にし、患者様に必要以上のX線照射をすることなく体にも安全ですのでご安心して受診してください。